引き出せ、広島県の底力。挑戦そして実現!

スタッフTOPICS ゆざき知事に関する情報や、なにげない日常の出来事などを、専任のスタッフがお届けします。

2011年3月

平成22年度政治資金収支報告

2011年3月19日

平成22年1月1日~12月31日の「ゆざき英彦後援会」及び「広島県の底力を引き出す会」の政治資金収支報告書を3月18日に広島県選挙管理委員会に提出致しました。収支に関しては下記の通りです。(※なお広島県の底力を引き出す会は湯崎英彦さんを支援する団体です。)

平成22年ゆざき英彦後援会収支報告書.pdf

平成22年広島県の底力を引き出す会収支報告書.pdf

政治資金規正法第4条第5項に定める支出に関しての分類.pdf

政治資金収支報告

東北地方太平洋沖地震への支援情報

2011年3月16日

3月11日に発生致しました東北地方太平洋沖地震への広島県としての支援情報は、下記広島県ホームページよりご確認頂けます。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kouhou/saigai/index.html

おしらせ

東北地方太平洋沖地震に関して

2011年3月12日

東日本巨大地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。広島県としてもあらゆる面において支援を行って参りたいと考えております。

この度の災害は極めて激甚で、国を挙げての支援が長期間にわたって必要であると考えられます。県民の皆様の息の長いご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。

                                               ゆざき英彦

 

【県内の今後の対策等に関して】 

・現在、被災地では懸命の救出作業や支援活動が行われております。広島県としては、被災後すぐに先ず救出・救命に必要な防災ヘリ、医療チーム、消防車両・人員、警察車両・人員の派遣を行っています。

・また報道等でも明らかなように、現地では、水・食料・毛布・燃料等様々な物資が不足しています。必要な物資が届けられるためには、まず現地における輸送手段等の確保が必要になります。現地からの受け入れ準備が整ったものから順次救援依頼が参ります。

・広島県では、救援物資について、提供可能な物資の数量確認、輸送手段の確保等提供体制を整え、救援を統括する国や被災県からの救援依頼にすぐに応えられるよう準備しています。なお、個人からの物資の支援は、現地での調整機能が不十分なまま行われると、結果的に県民の皆様のご好意が活かされないことになることから、受付は行わない予定ですので、ご理解ください。ただし、今後状況の変化により県民の皆様に提供を依頼することがありますので、そのときは改めてお願いを呼び掛けます。

・また、今後必要となると予想されますボランティア等の人員支援についても、現地が混乱しているため現時点では派遣できる状況にはありません。現地からの要請があり次第、広島県社会福祉協議会を窓口にして皆様に情報を提供させて頂くことに致します。もうしばらくお待ちください。

義援金については、日本赤十字社広島県支部において受け付けております。県民の皆様のご厚意は、現時点では義援金によりお寄せくださいますよう重ねてお願い致します。

おしらせ

1