引き出せ、広島県の底力。挑戦そして実現!

スタッフTOPICS ゆざき知事に関する情報や、なにげない日常の出来事などを、専任のスタッフがお届けします。

2017年1月

平成29年 年頭のご挨拶

2017年1月 4日

明けましておめでとうございます

皆様方におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素より私の政治活動、また本県行政の推進に格別のご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

恒例ではございますが、この場をお借りし、本県の近況報告等をさせて頂き、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

 

スポーツ分野

【カープ】

○ 910日、25年ぶりのリーグ優勝が決定。11月、初優勝の1975年以来、2度目の優勝パレードが平和大通りで行われ、広島の街を真っ赤に染めて大いに盛り上がった。

    黒田博樹投手≪県民栄誉賞顕彰≫日米通算200勝達成。 野茂英雄投手以来2人目。現役引退。男気溢れる雄姿に多くの感動をもらった。

    新井貴浩選手≪県民栄誉賞顕彰≫2,000本安打達成。プロ野球史上47人目、球団史上5人目。

 

【リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック】

○  金藤理絵選手 ≪県民栄誉賞顕彰≫競泳女子200m平泳ぎ金メダル。県出身選手の金メダルは44年ぶり7人目、女性では初めて。

○  山縣亮太選手 陸上男子400mリレー 銀メダル。陸上男子100m 準決勝進出。

○  別所キミヱ選手 車椅子卓球でベスト8。日本選手最高齢で出場。「バタフライマダム」の愛称で多くのメディアが取り上げ。

 

  県内情勢等

【広島県経済の動向】

    概況~ 県内景気は緩やかな回復基調を継続。

  設備投資、住宅投資は緩やかに増加。

  個人消費は底堅く推移。

  生産は横ばい圏内の動き(自動車、造船、業務用機械等で総じて高操業)。

    雇用・所得環境~ 着実な改善を続けている。

  有効求人倍率は高水準。☆平成28年8月の有効求人倍率1.65倍(全国第4位)/3月以降6か月連続1.6倍台

  雇用者所得は緩やかな増加傾向。

 

 

  施策動向

【「国際平和拠点ひろしま構想」の推進】

○    ひろしまラウンドテーブル(827日~29日の3日間)

  「国際平和拠点ひろしま構想」に掲げる「核兵器廃絶のロードマップへの支援」を具体化するための多国間協議の場として開催(4回目)。

  核兵器のない世界の実現に向け、核抑止への依存を減らす方策等について意見交換を行い、「議長サマリー」として具体的な取組を提案した。

○    国際平和のための世界経済人会議(1014日・15日の2日間)

  マーケティングの世界的権威であるフィリップ・コトラー教授を迎え、世界初となる企業活動の一環としてのマーケティングによる平和構築について議論した。

  WEF・世界経済フォーラムの若手リーダー約20名と参加者約300名による討論等、多面的な議論を展開した。

【欲張りなライフスタイル】

    チャレンジビジョン「目指す姿」

・ ひろしま未来チャレンジビジョンでは、「仕事でチャレンジ!暮らしをエンジョイ!活気あふれる広島県~仕事も暮らしも。欲張りなライフスタイルの実現~」を目指す姿として掲げた。

  本年も、「広島県民総欲張り計画」を進め、全ての県民の皆様が仕事や暮らしに対してそれぞれの希望を抱き、欲張りに実践して頂ける、県ができること、求められることを考えながら、しっかりと取り組んでいく。

    欲張りライフを語る会

  県内23市町で、地域の皆様に御参加頂き、それぞれの「欲張りなライフスタイル」や、その実現のため広島県に求めることを語っていただく「欲張りライフを語る会」を開催中。

 

【観光地ひろしまの推進】

○    観光プロモーション

  昨年6月に発表した究極のガイドブック第3弾「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」は配付申込開始から約10分で予定の3千部に達してしまう等、前の2冊以上の人気。多くのメディアにも取り上げられた。

  91日から「広島キャットストリートビュー竹原編」を公開。

      一昨年公開した尾道編に続く第2弾。広島県竹原支局路地裏観光課長に任命した、竹原市内の工房の看板猫"漱石"を案内猫に、竹原の美しい町並みを猫目線で巡ることができる。広島県路地裏観光副課長には、猫ひろしさんに御就任頂いた。

    宮島

  宮島来島者数は過去最高の年間408万人を記録した平成25年を上回るペースで増加している。(前年比8%増)

  現在厳島港宮島口地区の港湾整備事業を進めており、8月、新旅客ターミナルの建設事業者が決定した。新たな賑わいの創出に繋がる、オープンな空間と大きな屋根が特徴のデザインとなっている。平成31年度の完成を目指して整備を進めている。

    STU48

   瀬戸内地方7県を拠点とする新グループ「STU(瀬戸内)48」結成のプレスリリースがあった。今後の活躍に期待したい。

 

 

新たな年の始まりとして、県民の皆様とともに、将来にわたって、「広島に生まれ、育ち、住み、働いて良かった」と心から思える広島県の実現に向けて、今後共、全力で県政運営に邁進して参る所存でございます。

皆様方におかれましては、引き続き、本県行政への御支援、御協力を賜ります様心よりお願い申し上げます。皆様方の御健勝並びに御多幸を祈念申し上げまして、年頭の御挨拶にかえさせて頂きます。

 

 

広島県知事 ゆざき英彦

1