引き出せ、広島県の底力。挑戦そして実現!

スタッフTOPICS ゆざき知事に関する情報や、なにげない日常の出来事などを、専任のスタッフがお届けします。

挑戦そして実現!!!

2017年11月11日

17日間にわたる選挙戦も先程、20時をもって無事に終了することが出来ました。             

この度の選挙戦も前回同様、平成の大合併前の県内86市町村を全て廻り、約5000キロを選挙カーで駆け抜けました。今回の選挙も多くの県民の皆さんの応援を頂き、多くの励ましの言葉を頂戴しました。本当にありがとうございます。各地での街頭演説に足をお運び頂いた皆さん。選挙カーに笑顔で手を振って頂いた皆さん。車のクラクションを鳴らし激励頂いた皆さん等々。全ての県民の皆さんに感謝申し上げます。この選挙戦を通し、県民の皆さんに私の思いを少しでも届けることが出来たのでしたらとてもうれしく思います。

 

私は、これまでの2期、8年間、「挑戦そして実現―引き出せ、広島県の底力―」をスローガンに掲げ、広島県を変える力を持っているのは、県民の皆さん自身である、との考えのもと、皆さんとともに様々な取組みを進めて参りました。まずは、これまで共に一歩前に歩みを進めて、広島県の発展を実現してくださった県民の皆さんに、心から感謝申し上げます。

特にこの4年間を振り返りますと、オバマ大統領の被爆地広島訪問、興奮冷めやらぬカープのリーグ連覇、サンフレッチェ広島の優勝など、広島県は、全国、そして全世界からも注目を集めつつ、さらに大きく変化し、成長していますが、実際、県内、また全国的に様々な機会で広島県が取り上げられるよう、観光を始めとする広島県に関する情報の発信に取組んできました。その結果、特に首都圏でのニュース等での露出は、金額に換算して、就任直後の年間25億円から平成28年には978億円と約40倍となるとともに、本県を訪れる観光客数も5年連続で過去最高を更新し、観光客による年間の経済効果は1千億円以上増加しています。

知事就任以来最も大きな課題の一つとして取り組んでいる人口減少問題についても、出生率は全国を上回るペースで回復基調にあり、昨年は全国1.44に対し、広島県は1.57でした。さらに、全国移住希望地ランキングで昨年度4位となるなど、他地域から広島県に来て暮らしたい、という方が着実に増えており、近年5年間の移住者の増減は、実に40年間振りのプラスという快挙を達成しました。

このように、広島は「選ばれる」県となりつつあります。

足元の経済状況に目を移しますと、県内総生産や一人当たり県民所得の増加率は平成26年時点で全国1位、有効求人倍率も全国平均を大きく上回る高水準が続くとともに、個人消費も伸びており、着実に景気は拡大しています。

一方、平成32年度までの総合計画「ひろしま未来チャレンジビジョン」で掲げた「仕事も暮らしも欲張りなライフスタイル」を実現するため、働き方改革の第一歩として、「働き方改革推進・働く女性応援会議ひろしま」を発足させ、中小企業を含めて続々と働き方改革に真剣に取組む企業が増えています。  

他にも、幼児教育の充実を目指す「遊び 学び 育つ ひろしまっ子!」推進プランの策定・実践や、「考える力」などを身につけるための「学びの変革」を全国に先駆けて展開するなど、幼児期から社会人まで、すでに高いレベルにある広島県での教育水準をさらに向上させる取り組みを積極的に展開しています。

さらには、本社機能の移転、研究開発機能や人材に着目した新たな企業誘致などを含め、この8年間で3,723億円の投資と4,752人の雇用を生む産業誘致を進めてきました。

また、デーモン閣下のポスターなどでおなじみのがん対策についても、がん死亡率が平成23年の全国第20位から27年の第7位に上昇し、平成7年からの死亡率の減少幅が全国一となるなど、様々な分野で「欲張りなライフスタイル」の実現に向けて進展を図っています。

しかしながら、広島県のさらなる発展には、挑戦すべき課題がまだまだ残っています。私は、次の4年間、これまでに取り掛かっている、中長期的な施策をさらに強力に推進しつつ、時代や環境の変化、また実施状況などを踏まえて柔軟に修正を加えながら、より良い広島県の実現を目指して参ります。

例えば、経済的・社会的に恵まれないなど、環境によって自ら持つ力を十分に伸ばせていない子どもたちが、貧困の連鎖などに陥らないようにするための教育や社会的な対策、また、自動車などの好調な基幹産業から、さらに次世代産業など新たな分野の拡大や付加価値の拡大を目指すイノベーション立県の実現、高齢化が進む中、医療や介護が必要なお年寄りが地域で安心して暮らしていくための地域包括ケアや医療・介護体制の構築、住民の皆様の笑顔あふれる中山間地域を実現するため、リーダー作りや地域活動の活性化、中山間地域の価値に共鳴する人たちの移住促進、また、地域を支える農林水産業の発展などに、引き続きしっかりと取り組んでまいります。

私は次の4年間もさらに広島県の発展のために先頭に立って働く覚悟をこの選挙戦を通じ新たにしました。広島県にある力と宝をさらに磨き、広島の底力を引き出して、皆さんとともに、県民の皆さんが誇りに思える広島県、「生まれ、育ち、住み、働いてよかったと心から思える広島県」をつくって参ります。どうぞ明日の投票日には、あなたの一票を、「ゆざき英彦」に賜りますよう、お願い申し上げます。そして必ず、明日投票に行ってください!!!一緒に夢のある広島県をつくって行きましょう!!!

 

県知事選挙関係